例えるなら、「ラムちゃん♡」。

僕たちの時代のアニメはどんなんやったかと言うと、
まず、「ガンダム」。
「北斗の拳」 や 「ハイスクール奇面組」、「うる星やつら」 に 「コブラ」、などなど。
魅力的なアニメが盛りだくさん。

何の話? かというと、
そこに登場する 「女性」 についての考察ね。

魅力的な女性が、それはそれはたくさん登場する。 そして物語を盛り上げる。

IMG_9847_R
ランゲ・ロッソ 2012 (G.D.ヴァイラ)

個人的に、このワインは 「ラムちゃん」 やな (こじつけ!)。

若々しくてチャーミング。
誰からも好かれる明るい性格。

「どこまでもお料理と一緒だっちゃ♡ 」

という一途なところもまた、ラムちゃん ぽい。
キャラとして完璧に思えるがただひとつ、弱点がある。 それは、

「色気」 だ。

ラムちゃんにも この ランゲ・ロッソ にも、色気を求める方がおかしいが、ラムちゃんに至っては 「年中ビキニ姿」 なのに、色気は まるでない。

作者が女性だから、という理由やろか?

これとは対照的ともいえるのが、「コブラ」 や 「ゴクウ」 の作者である 寺沢武一 の描く女性だ。
これはもう、「オトコ」 が求める 「オンナ」 を欲望のままに描いたらこうなった、みたいな。

メカニック・デザイン もさることながら、氏による 「オンナ」 描写 は特筆に値する。

どなたか、そんな女性を知ってたら紹介、、、

いやいや、そんなワインがあれば、紹介して下さいな ♡

長い戯れ言にお付き合い頂き、おおきに。

これを読んでくれたお礼に、年明け最初のご注文の際、キーワードを書いてくれたら、「ラムちゃんグッズ」 プレゼントッ!

(在るのかそんなの?)

キーワードは、「ラムちゃん大好き!」

です。

これが 今年最後の投稿となるのか?
いや、明日も書こう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です